ポケモンブラックプレイ中。お気に入りのポケモンはシュバルゴ、ペンドラー。擬人化を取り扱ってますので、苦手な方は注意して下さい!


by gozennomaccya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

色んな場所から構成、プラチナ面子その1

ラティオス♂ 擬人化


f0061192_1112683.jpg

・名前 リンク
・性格 「うっかりや」
・年齢 12
・身長 150台前半
・一人称「僕」 二人称「君」
・職業「魔剣士」 (マジックフェンサー・ライセンス)
・武器 太刀「夢幻・真打」

ホウエン→シンオウ→ジョウトと移動してきたメンバーの一人、元々はホウエン住まい。
ホウエンの南にある孤島でカイオーガのハマちゃんに実力を見出されて面子入りを果たした。
元リーダーだったのだが、やる気はなく今はほとんどエミルのお世話になっている。
同じトラブルメーカーのティーダとナタは長く付き合っている友人で、よくトリオでつるんでる事が多い。
エミルとは同じ職業であるが、実力はリンクの方が上。その事実を良い事にエミルやHGメンバーにちょっかいを出すのがマイブーム。でもタブリスに追い帰される。

遠く離れた土地の由緒ある家系の跡継ぎだが、本人は規律ばかりの生活に嫌気がさし、決められた将来よりも自分の生き方は自分で見つけたいと思っており、出来る事なら双子の妹のラティアス、アリルに次期護神の権利を譲りたいと考えている。しかし、二人が会う機会がほとんど無いのでちゃんと自身の思いを話せない。

生活面は何を考えているのかよく分からない点も多いが、戦闘では高い戦闘力を持つ。
バトルフロンティアで体を動かすのが好きらしく、タワーで50連勝という記録を作った事も。
自分を越そうと鍛錬を積む努力家なアリルとは対称的で、戦闘に関しては若干才能があるようで、よくアリル以上の成績を残す事が多い。

首からぶら下げてるのは一族に伝わる宝玉「心の雫」


持っている「心の雫」の力を解放すると
f0061192_2542198.jpg

成長した姿に変身する。見た目だけじゃなく、身体能力も大幅に上昇する。

仁助さん宅のボーマンダ♂「コンボイ」さんとはホウエン地方で敵対していたが、和解して以来共にバトルタワーに挑んだりと良き戦友であり、互いに切磋琢磨し合う良きライバル。
同じく仁助さん宅のラティオス♂「ゼロ」さん、ラティアス♀「レウコ」さんご兄妹とも同種族である為か、とても仲が良い様子。ゼロさんの自由奔放な生き方に感化され、最近では一人旅に出ようと思っていたり・・・・。レウコさんにはある特別な感情を持っている。












ウインディ♂ 擬人化

f0061192_255215.jpg

・名前 ティーダ
・性格 「すなお」
・年齢 18
・身長 170台前半
・一人称「オレ」 二人称「あんた」
職業「槍士」 (ランス ライセンス)
武器 槍 「炎虎・弐式」

ホウエン地方出身、幼い頃に父親ウインディ「カグツチ」に連れられて大陸で半生を過ごす。
ボーマンダ「ナタ」とは大陸で出会ったライバル。当時はコモルー時代だったナタを一方的にからかっていた為、後々ボーマンダに進化し、爆発的に強くなったナタに追われるハメになる。
生まれながら原型ウインディに変化できる能力を持ち、一昼夜で数千キロの距離を疾走できる。戦闘時も原型で戦う事が多く、俊足を活かした攻撃が得意。

何を考えているのか分からないリンクの親友で、同じくトラブルメーカー。
最近では従兄弟に対抗して原型に変身したティーダにリンクが騎乗して戦うというスタイルをとっている。

かなりの大家族で妹ウインディ♀の「ユウナ」や、従兄弟に仁助さん宅の双子ウインディ♂「ヤマト」さん、「タケル」さんがいます。たまに従兄弟の修行を邪魔しに行くのが楽しみなんだとか。

ホウエン在住時代からキュウコン♂「スサノオ」の娘、キュウコン♀「イェン」と仲が悪い。同じ炎系の技を持つ者同士と勝手に因縁をつけられて、いい加減頭にきている。イェンのご自慢の炎妖術は完全無効化されるので、何もしなくても更にイェンを逆撫でしている様子。
ここ数ヶ月前からイェンともう一人、白銀のキュウコンが加わったのでうんざりしている。




ボーマンダ♂擬人化

f0061192_343039.jpg


・名前 ナタ
・年齢 17(見た目)
・性格 「まじめ」
・身長 160台前半
・一人称 「俺」
・二人称 「お前」

・武器 両刃刀
     羽衣 「震天綾」
     腕輪 「乾投圏」

・職業 「竜仙人」(ドラゴンハーミット)

見た目は普通の大陸の人間。しかし、数年前にとある海を守護していたキングドラを殺めてしまい、他の竜族からの怒りを受けて体の半分を失い死亡する。その後、ある仙人が術で体の半分を竜族の遺伝子を使って蘇らせ、もう一度命を与えた。竜の遺伝子のお陰で自在に空を飛べるようになり、攻撃力も大幅に上がったという。ティーダが付けた二つ名は「ギラティナもどき」

生まれ変わる以前にウインディ♂ティーダと付き合いがあったらしく、生まれ変わった後も手に入れた飛行能力で昼夜問わず追っかけまわしていた。今では良くリンクやティーダといる事が多い。

戦闘面では竜の力を持っているので、非常に高い能力がある。武器が3つもあるので、羽衣を叩きつけて地震を起こしたり、腕輪を投げたりと、様々な攻撃ができる。リンクが付けた二つ名は「歩く凶器」
本人も滅多に使わないのが、竜の力を暴走させて放つ逆鱗。
逆鱗を使う時は体のほとんどが原型のボーマンダになってるという。


モデルは中国の神話に出てくる同名の仙人から。生い立ちとかはそのままです。
武器の名前はちょっと元のをもじったもの。
[PR]
by gozennomaccya | 2008-01-01 01:40 | 擬人化 設定