ポケモンブラックプレイ中。お気に入りのポケモンはシュバルゴ、ペンドラー。擬人化を取り扱ってますので、苦手な方は注意して下さい!


by gozennomaccya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:擬人化 設定( 8 )

ブラック 擬人化

ジャローダ♂ 擬人化
f0061192_223131.jpg


名前 ヨモギ (蓬)
年齢 19
身長 170台後半
性格 真面目で暴れるのが好き
一人称 「私」
二人称 「お前」
職業 魔剣士
武器 サーベル

若くしてイッシュの名門貴族の当主になった青年。先代だった父親がヨモギが子供の頃に亡くなったので、幼い頃から家を継ぐための教養を受けてきた。屋敷に篭るのも退屈なので、何となくイッシュで天下を取るかという気持ちで旅に出る。昔からほとんど屋敷の敷地内での生活だったので人付き合いは苦手。少々プライドが高く、世間知らずな部分もあるが、本人は少しずつ他の面子と慣れ親しんでいる様子。
キツい一言で相手を困らせたり、激怒される事もあるが悪気はなく、「どうしたら良いのか分からない」と後でアブクマに相談する姿が目撃される。
それなりに財力もあり、ロイヤルイッシュ号なんかに顔パスで乗れる。品薄商品のヒウンアイスの店舗ごと買収したという噂もある。夏になるとサザナミタウンの別荘によく行くらしい。
特にヒウンアイスは好物らしく、別荘の冷蔵庫の中身はほとんどアイス。本人は隠し通せてるつもりだが、アブクマあたりにもうバレてる。

剣の腕も達者で、貴族内で行われる剣術の試合でも上位順位の常連。文武両道だけども人の付き合いで今日も苦戦しています。



友人関係 仁助さん宅のエンブオー♂ ウーハンさんとお友達
ヨモギの数少ない親友の一人、鋭い言葉をたまに浴びせているが、心のどこかでウーハンさんのような生き方をしたいと思っている。

台詞

「何だ、私に用事か?お前みたいに暇じゃないんでな、後にしてくれ」
「その程度の腕で私に勝負を挑むなど・・・恥を知れ!」
「どうしたウーハン、アイスが欲しいのか?よし買ってやろう」





ゾロアーク♂ 擬人化

f0061192_282114.jpg

名前 アブクマ (阿武隈)
年齢 18
身長 160台後半
性格 頑張りやでお調子者
一人称 「オレ」
二人称 「あんた」
職業 幻術使い
武器 爪

イッシュでも珍しい他者に変身できる能力をもつ幻術使い。母を捜して幼い頃から旅をしてセレビィの「スピラ」と出会う。最初はスピラと二人で暮らしていたのだが、母がイッシュにいるという噂を聞き、たまたまヒウンシティにいたヨモギと出会って共に旅をする。一度迷いの森で母らしきゾロアークの女性と出会ったのだが、その女性は記憶喪失でアブクマの事を完全に忘れていた。最初は悲しんだのだが、境遇が似ているヨモギと意気投合し、ブラック面子のサブリーダーを勤めるまで成長した。
性格は明るく、メンバーのムードメーカーとして一役担っている。調子に乗りすぎてハメを外す事も多い。
ゾロアの時に出会ったスピラとは今もよく会っている仲で、彼にとっては親みたいな存在らしい。
戦闘では一族の独特な特性「イリュージョン」を使って相手を錯乱させるのが得意。
元々は暗殺や諜報に長けてる一族らしく、素早い動きで相手に致命傷を与える辻斬りが持ち技。

気風が良く、割と面子に好かれやすい事もあってか、人付き合いが炎タイプよりも苦手なヨモギにコミュニケーションの取りかたをレクチャーしている。でもイマイチ教えづらいらしい。

戦闘時にはゾロアークの顔を模した仮面を被って相手に変化する。

台詞

「よぉ、スピラ!相変わらず変わらねぇなぁ、あんたは」
「はっずれ~!アブクマ様でした!!どうよ、オレのイリュージョンは!?」
「ええっとな・・・その・・何だ・・ヨモギはヨモギらしさがあって良いと思うぜ!」




ゼブライカ♀ 擬人化

f0061192_3153228.jpg


名前 アヤナミ (綾波)
年齢 18
身長 150台後半
性格 真面目でかけっこが好き
一人称 「あたし」
二人称 「キミ」
職業 騎士
武器 短銃付きのダガー

電気のエネルギーを使って瞬発力のある剣技を得意とする軽装備の騎士の少女。
割と体育会系な性格で、取り合えず困ったり、迷ったらとにかく走りこむ!をモットーにしてる。
面子の中でも口数が多いタイプで、伝説系相手にでも(主にトルネロス)に喧嘩をふっかける。
アブクマが調子に乗った時はとりあえずワイルドボルトと静止するのは彼女。
後先考えずに放電やらワイルドボルトをぶっ放すので、ダブルの時は誰も組みたがらないという。
ちょっと知性的でインテリチックな女性を演じてみようとするが、半日もたない。
シャンデラのタカチホとは性格が対称的なのか、全然気が合わない。会おうものなら口喧嘩だが、いつも負ける。 バカ正直すぎる部分もあり、ウルガモスのムサシによく口車に乗せられる。

走るのが好き過ぎて、自分のブーツに発電機を取り付けたらしい。
戦闘では電気エンジンの瞬発力も相まって、電光のような一撃を相手に食らわす。

仁助さん宅のゼブライカ♂ セイシェルさんと夫婦。
よく家族で12番道路付近でかけっこをしている。
子どもは何故か皆揃ってアヤナミに似ているのだとか。

「はいはい!いっくよ~!モタモタすると追いてっちゃうからね!」
「う・・ぐ・・・タカチホの奴・・・誰に向かって「脳にも電気送った方が良いんじゃない?」だってぇ!!」
「ムツ!今度どっちが速いか競争しよか!!」
「セイシェル!見てるだけじゃなくて、一緒に走らない?気持ち良いわよ!」



アーケオス♂ 擬人化

f0061192_294325.jpg


名前 ムツ (陸奥)
年齢 13
身長 150台後半
性格 素直でイタズラが好き
一人称 「おれ」
二人称 「君」
職業 風使い
武器 合体できる二つのダガー

イッシュの山奥でひっそりと暮らしていたと言われる風使いの少年。
もう絶滅したと思われていた種族だけども、山奥で少数ながら生き残っている。
シッポウシティでヨモギらと出会い、外の世界を知るために共に旅に出る。
面子内の問題児でイタズラをしてはどこかへ飛び去ってしまう。
風使いとしての実力はまだまだだが、戦闘能力は非常に高め。やればできる子なのにチキンな為にちょっと攻撃して、捨て台詞を言いながら蜻蛉返りで撤退する。
ずっと山奥で暮らしていたのでヒウンシティの摩天楼や、ライモンシティの遊園地に興味津々。
最近はオノノクスのナガトと地下鉄にハマっている。(バトルじゃなくて、鉄道マニア)
ちょっと捻くれてる部分もあるが、根は素直でいい子。
ウルガモスのムサシを父親のように思っており、他から見ると実の親子のように見えるのだとか。
気風が似てるのかゼブライカのアヤナミとは結構仲良し。

初めはヨモギの事を「ただの良い所出の生意気なおぼっちゃん」としか思っていなかったが、育った環境や境遇が似ている事から、今では積極的にヨモギと仲良くしようとしている。


台詞

「素早さとパワーを持っているおれに勝てると思ってるの~? いたっ!ちょ・・ゴメン!」
「ねえ!ムサシ!今度カナワタウンに連れてってよ!いいでしょ?」
「あのさ、ヨモギ・・・この前はゴメンね。おれも全然気にしてないしさ!」





ウルガモス♂ 擬人化

f0061192_2105416.jpg


名前 ムサシ (武蔵)
年齢 28
身長 170台後半
性格 素直でおっちょこちょい
一人称 「私」
二人称 「貴方」
職業 魔術士
武器 火の翅 魔術

古代の城の研究をしている考古学者。研究に没頭しすぎてついには城に住み着いた。
自称「太陽王」 本人曰く「太古の人物になりきる事で、その生活も自然と分かりますよ」という事で、勝手に王を名乗っている。古代の城の研究をしている際にヨモギと出会う。
アーケオスのムツに懐かれているが、本人はムツを実の息子のように可愛がっている。ヨモギに「少し甘やかしすぎだ」と言われるが、ムツがとある事故で亡くした自分の息子に瓜二つだから仕方ないらしい。
元々は考古学者としてイッシュでも有名。息子を亡くした事故と関係するポケモンを追う為に炎と虫という珍しい組み合わせの魔術を修得したのだとか。
ゼブライカのアヤナミをいじるのが最近の楽しみ。簡単に引っかかるのが爽快らしい。
メンバー内のブレイン的存在。戦術や悪知恵まで何でもござれ。
物腰は柔らかで言葉使いも丁寧。ただ何を企んでいるのか分からない所もあり、敵に回したくない人物ナンバー1の座についている。

戦闘では背中に火薬で巨大な翅を作り出す。翅を羽ばたかせて広範囲に皆が苦手な熱風やら虫タイプの技やら繰り出すので、ダブルやトリプルバトルではだいたいムサシ一人だけで相手が複数になる。
戦闘能力も非常に高めで、一度炎を出すとあたり一面を焼け野原にする。

仁助さん宅のシンボラー♀ ラカタさんとは友人。
ラカタさんの先祖の事や古代の城関連で話で気が合い、研究の為にラカタさんと城に行く事もあるのだとか。
鱗粉だけは本当に仕方ないので諦め気味。


台詞

「フッ、かつては太陽の化身と言われた身、失礼の無いように全力でお相手致しましょう。」
「ムツ、地下鉄の起源や構造について少しお話しましょうか?」
「私と誰か組み・・・・ませんよね・・・仕方ない、私一人でいきますか」
「どこにいるのやら・・・あの姿、一生忘れませんよ・・・・」
「ラカタ殿、また貴重なお話を聞かせて頂き、有難う御座います。ところでサンヨウシティでお茶なんてどうでしょうか?」




シャンデラ♀ 擬人化

f0061192_2374973.jpg


名前 タカチホ (高千穂)
年齢 21
身長 160台前半
性格 控えめで物をよく散らかす
一人称 「私」
二人称 「あなた」
職業 魔術師
武器 魔術

相手の生命力を削って炎を出すという能力を持った魔術師。
タワーオブヘブンで僧侶をやっていた頃にヨモギと出会い、内気な自分を変えたいために旅に出た。
趣味で小説の執筆や、作曲をやっていたりと意外と多芸。メンバーに内緒で夜にヒウンシティの路地裏にあるカフェでジャズを聞くのが日課。ストレートに言うヨモギとは違って、まれに毒舌を吐く。
性格は物静かで内面的。とにかくうるさいのが苦手らしいので、アヤナミとは気が合いそうにも無い。
アヤナミの顔を見るなり毒舌を浴びせる反射神経の持ち主。でもアヤナミの子どもの世話をしてやったりと、特別嫌いな訳でもないらしい。
よく小説の原稿やら途中まで書いた楽譜を失くす。そして面子総出で捜索する。

戦闘力も高めで、ゴーストタイプの技と炎を中心に使用する。炎使いとしてはムサシより上。

数年前にカフェで出会った歌手に自分の作った曲を歌って欲しいのが夢だとか。


台詞

「耳障りですね・・・・私がより良い音であなたを鳴かしてご覧にいれましょう・・・」
「あれ?・・・無い? おかしい・・・さっきまでここにあったのに・・・・」
「アヤナミ、あなたちょっと自分のワイルドボルト喰らってみなさいよ?ちょっとはマシになるでしょう」





オノノクス♂ 擬人化

f0061192_3175115.jpg


名前 ナガト (長門)
年齢 23
身長 170台後半
性格 気まぐれで負けず嫌い
一人称 「俺」
二人称 「貴様」
職業 竜騎士
武器 大斧

導きの間でコバルオンの元で修行をしていた騎士。キバゴの頃に大火事で両親を亡くし、その時にコバルオンに拾われて長年修行を積む。導きの間にやってきたヨモギと出会い、最後まで師匠が教えてくれなかった「正義とは何か」という答えを見つける為にに共に旅に出る。
最初は力こそ正義だと思っていたのだが、プラズマ団との戦いの中で「何かを守り、それを貫き通すのが正義」という答えを出した。
性格は堅物な部分もあり、少々絡みづらい。どんな事にも負けるのが嫌という負けん気の持ち主。
最近では地下鉄に興味津々。ただ見た目や騎士という職業もあってか、バトルサブウェイで戦うのが好きと勘違いされ気味。本人は鉄道マニアです。
同じ鉄道好きなムツと一緒にカナワタウンに行く事もしばしば。
「鉄道の知識なら誰にも負けん!」と豪語するも、あっさりとムサシに完敗される。

師匠であるコバルオンに一人前になった証として一本の剣を渡されたが、重すぎてとても扱える物ではなかった。今はコバルオンにその剣を本当の持ち主に渡して欲しいと言われ、剣の所持者を探している。


仁助さん宅のオノノクス♂ ナジュドさんとは古い友人。キバゴ時代から共に修行をしていた。
大食い対決を挑むも必ず負ける。次は鉄道の知識で勝負を挑もうかと思っている。


台詞

「それで本気か?貴様の全身全霊の一撃、俺に見せてみろ!」
「俺には仲間がいる・・・彼らを守る為にもここで倒れる訳にはいかん!!」
「これは旧式の車両か・・・全線新型に変わったと思っていたが・・・・」
「俺には扱えん剣の持ち主・・・早く会いたいものだな」
「ナジュド!以前完敗だったのは認めよう。だが今回は俺が勝利を貰うぞ!」









サザンドラ♂ 擬人化

f0061192_3481514.jpg


名前 ヤマト (大和)
年齢 18
身長 170台前半
性格 うっかりやでイタズラするのが好き
一人称 「オレ」
二人称 「テメェ」
職業 魔剣士
武器 大太刀


最後に面子入りをした魔剣士の少年。面子の問題児その2。
メンバー内のいじめっ子タイプ。よくムツがいじられの標的にされるが、一緒に共謀を図ったり、つるんでる事も多く、一方的ではなく悪友のような関係。
好戦的でイッシュ地方の強い奴と戦いたい一心で仲間に加わる。
年齢の割に子どもっぽく、大人びてるヨモギやムサシに悪態をつくことも多い。
同じタイプ同士もあってかアブクマとは非常に仲が良い。そして調子に乗ればムサシの「虫のさざめき」で二人揃って粛清される。
意外に大食漢。というよりも食べれそうなものは何でも食い尽くす。そして、たまに怪しいものを大食いして腹を壊す。
戦闘能力は高いが、オツムもあまりよろしくない。高千穂に脳筋呼ばわりされてはムガーっと怒る。
2本の触手はヤマトの意思とは関係なく独立して勝手に動いている。

同じドラゴンでも性格が真反対のナガトと面子のドラゴン枠を争い続けている。


台詞

「オレに勝負を挑もうってか?いいぜ!焼き尽くしてやるよ!!」
「ナガト、いいか?強い奴が生き残るんだ!力こそ全てなんだよ!」
「腹減っちゃあバトルできねぇって昔から言うからな!メシはたらふく喰わないとな!」
「どこかにオレと同じ名前の奴がいるってな?ヤマトはオレ一人で十分だ!!」
[PR]
by gozennomaccya | 2010-03-02 02:20 | 擬人化 設定

久しぶりの設定

HG面子カイリュー♂ 擬人化

f0061192_2361633.jpg


名前 クレイトス
年齢 28歳(見た目)
身長 170台後半
一人称 おれ
二人称 あんた
性格 陽気
職業 竜騎士 (ドラゴンナイトライセンス)
武器 大剣

飄々としてつかみ所のない性格をした凄腕の竜人。
メンバーのムードメーカーとしての面がある一方で、面子一の実力者でもある。
昔の出来事についてやたら詳しく、何者なのか、どこから来たのかは言おうとしない。
ただ本人は昔の知り合いのリザードンを探して付いて来たのだという。
アマテラスに「アマ公」、エミルに「リア充」と散々なニックネームを付けたがったりと子供らしい部分もあるが、戦闘になると凄まじい力で相手を粉砕する。本来は両手持ちの剣を片手で軽々と振り回し、縦横無尽に暴れてくれる。自称「最強の竜人」。





カイオーガ♂寄り擬人化

f0061192_2552228.jpg


名前 ポセイドン
年齢 30(見た目)
身長 180台前半
一人称 俺様
二人称 テメェ
性格 気まぐれ
職業 海神 (ネプチューン)
武器 イカリが付いたトライデント

海の大神、義理の兄弟にレックウザ「ゼウス」とギラティナ「ハデス」がいる。それの次男坊。
ラプラス♂「トリトン」の父親で、性格や気性が対称的なのでよく本当に親子かどうか疑われる。
息子と同じ様に「ちぃったぁ陸の世界の事も勉強すっか!」と大雨を降らしながら上陸してきた。
同じカイオーガの「ハマちゃん」は気に入らないらしく、常に喧嘩してる。そして口喧嘩だと負ける。
気まぐれに大雨や嵐を起こしたりと迷惑極まりない能力を持っている。気性も荒々しい。
しかし家族には深い愛情を持って接していたりと意外な部分もある。
伝説系の中でも屈指の実力を持っており、豪快に水を使った技は強力。
最近の趣味はコガネシティのスロット。ギャンブルがお好きなようです。
[PR]
by gozennomaccya | 2010-01-31 03:10 | 擬人化 設定

ハートゴールド

バクフーン♂擬人化

f0061192_425782.jpg


名前 エミル
年齢 20
性格 きまぐれ 
身長 170台前半
一人称 「オレ」
二人称 「キミ」
武器 大剣
職業 魔剣士 「マジックフェンサー・ライセンス」

「帝」(みかど)と呼ばれる伝説のポケモンを守護する騎士、「防人」(さきもり)の隊長。
子供の頃に幼馴染に「何があっても守ってやる」という約束し、戦士になる道を歩んできた。今では立派な一部隊の隊長として活躍している。職業は魔剣士で身の丈以上もある大剣を扱う。火炎よりも、爆炎や爆風を使った攻撃が得意で、剣を地面に突き立てて、噴火を起こす。
性格はぶっきらぼうで何事も適当に放置するので、他の面子の手を借りることもしばしば。
ものをよく散らかして無くす。「虹色の羽どこいった」事件はメンバー内でも有名なエピソード。
しかし、困っている人を放っておけない一面もあり、ロケット団相手には容赦しなかったという。
最近では木の実プランターで木の実を育てているという似つかわしくない姿が目撃されている。幼馴染のためらしいが、メンバー内に事情を語ってくれない。タブリスにはすでにバレている。

仁助さん宅メガニウム♀ ラムダさんとは幼馴染。姉のような存在でよくお世話になったのだとか。
「絶対ラムダを守ってやる」と昔は口癖のように言っていたが、今ではもう立派な騎士。
幼馴染で親友という感情だけでなく、種族は違えど一人の女性としての想いを持っている。




トゲキッス♂擬人化
f0061192_4414161.jpg


名前 タブリス
年齢 16
性格 おっとり
身長 160台前半 
一人称 「ボク」
二人称 「君」
武器 魔術
職業 僧侶 「プリーストライセンス」


古風な衣装に、白い翼と天使のような風貌の少年。職業は僧侶だが、地上の人間ではなく、天界の人間なので、どちらかというと天使に近い。天界の太陽神である天照に会える地上の人間を探すべくタマゴとして地上に遣わされ、エミルに出会う、最初は仲間ではなく、神に見合う器かどうか見定める為にエミルを監視していたが、次第にエミルの事を認め、信じあえる仲間として同行するようになった。
物腰はやわらかで、感情の起伏がほとんどない。たまに冗談を言う等、地上の生活に慣れた様子。
ネジが抜けてる連中が多いHG軍の頭脳派、ポジションは軍師。
リニアが開通してからはリニアに興味津々。中身は純粋な子供です。
戦闘能力は意外に高く、天界の恩恵を得たエアスラッシュが得意技。彼のSスイッチがオンになるとそれに電磁波が加わり、エアスラッシュの乱発で相手は抵抗出来ずに倒れていく。その姿は白い悪魔だとか。
最近は襲撃しにきたリンクが最高の遊び相手。

仁助さん宅★トゲキッス♀ 翔破さんとは同じ種族で同じ性格のためか気の合う友人。弟のように親しくしてもらっている。



★ホウオウ♀寄り擬人化

f0061192_4444139.jpg


名前 アマテラス 天照
年齢 22 (見た目)
身長 160台前半
性格 さみしがり
一人称 「わらわ」
二人称 「そなた」
武器 鏡
職業 「神」 (ゴッド)

天界の太陽神。タブリスを地上に送った張本人。神と崇められているホウオウ一族の中で生まれつき体色が異なるため、孤高の存在として生きてきた。他人と接する機会が全くないため、他人と接する事が何よりも幸せな事だと考えているが、地上では伝説上のポケモンとして言い伝えられているので、簡単に姿を現す事が出来ずに苦悩した。自分に会う資格をもつエミルにスズの塔で出会った時は強く当たっていたが、内心他人と行動出来る事が嬉しかった。
性格は基本的にツンデレ。フレンドリーに接しようとすると「無礼者」と一掃するが、後々、自分から積極的に話題を振ってくる。最近ではメンバーとも打ち解けている様子。
戦闘時は後光のような鏡から炎を出して戦う。鏡から出た青白い炎を自ら纏って攻撃する「聖なる炎」は絶大な威力を誇る。飛行時には鏡の枠が翼になる。

仁助さん宅★ホウオウ♂寄り カイさんとは友人。同じ種族、色違い同士であるためか、彼の前だと彼女もデレ全開になる。カイさんの友好的な所が好きらしく、彼に会うのを楽しみにしている。




ラティアス擬人化
f0061192_295185.jpg


名前 アリル
年齢12
身長 150台前半
性格 ひかえめ
一人称 「わたし」
二人称 「君」
武器 長めのレイピア
職業 魔剣士 「マジックフェンサー・ライセンス」

ラティオス、リンクの双子の妹。本人は次代の護神になりたいと思っているが、数分先に生まれた兄に次の世代の護神になる全権が渡ってしまった上に、リンク自信が護神を継ぐ気はなく家を飛び出したので、リンクに対して怒りを抱いている。リンクと一緒になる事は滅多になく、会うとしてもポケスロン会場でしかなく、相手や他のチームメイトそっちのけで無駄に張り合う。
何でもリンクと比較するので、実は兄が好きなのではないかと疑われている。

性格は年齢に似合わず常に一歩引いた立場から物事を見てるので、割と好かれやすい。
いつの間にか昼寝をしてしまう所があり、本人は凄く気にしてるのだとか。
少々頭の弱いリンクと違い、意外と頭脳派でキレ者。最近はタブリスと2トップで軍師ポジションとして定着。

元々はホウエン住まいだったので、リンクを追ってジョウトに辿り着いて迷子になった所をエミルに拾われてHG面子として行動している。

戦闘面ではリンクと互角かそれ以上の力を持っている。
雷を操るリンクとは違って、アリルは冷気を操る事ができ、得意技は冷凍ビーム。
「兄を上回る」という目標があり、それに向かってひたすら努力しているが、最後でいつも抜かされる。

リンクと同じく持っている「心の雫」の能力を開放させる事ができる。
開放させても外見の変化はないが、変身後のリンクと互角に戦える程の能力を持つ。


カイリュー♂擬人化

f0061192_2554291.jpg

名前 クレイトス
年齢 28歳(見た目)
身長 170台後半
一人称 おれ
二人称 あんた
性格 陽気
職業 竜騎士 (ドラゴンナイトライセンス)
武器 大剣

飄々としてつかみ所のない性格をした凄腕の竜人。
メンバーのムードメーカーとしての面がある一方で、面子一の実力者でもある。
昔の出来事についてやたら詳しく、何者なのか、どこから来たのかは言おうとしない。
ただ本人は昔の知り合いのリザードンを探して付いて来たのだという。
アマテラスに「アマ公」、エミルに「リア充」と散々なニックネームを付けたがったりと子供らしい部分もあるが、戦闘になると凄まじい力で相手を粉砕する。本来は両手持ちの剣を片手で軽々と振り回し、縦横無尽に暴れてくれる。自称「最強の竜人」。

仁助さん宅 カイリュー♂ ウルバンさんとお友達。
「森の祠に夜中の12時に金の葉っぱと銀の葉っぱ持ってくと、幻のポケモン出るぜ」等と嘘か本当か根拠のない噂を彼に流している。

リーフィア♂ 擬人化

f0061192_2593225.jpg


名前 エル
年齢 14
身長 160台後半
性格 いじっぱり
一人称 おれ
二人称 君
職業 剣士 (フェンサーライセンス)
武器 片手剣

名門のイーブイ一族の6つ子の一人。魔術系が得意な一族だが、
本人は剣術の道を歩みたいと単身各地を転々と旅をしている。

性格は勝気で少々自信過剰な所があり、強そうなのを見つけては戦いたがる。
旅先でエミルに出会い、彼の魔術と剣術を組み合わせた攻撃に敗れてからは、エミルを勝手に「師匠」と呼んで付いてくるようになった。
イタズラ好きでクレイトスとつるんで何か企んでいる事が多い。そしてどうもタブリスは苦手なタイプらしい。
生い立ちや状況の問題もあり、アリルとは付き合いづらいのが困り事。
ラギアとは同じような性格なのか、よく二人で特訓している姿が見られる。


オーダイル♂ 擬人化

f0061192_321715.jpg


名前 ラギア
年齢 17
身長 170台前半
性格 なまいき
一人称 俺
二人称 あんた
職業 槍使い (ランサーライセンス)
武器 槍

エミルの後輩で同じワカバタウン出身の防人。エミルの部隊の副隊長で幼い頃からの付き合いらしい。
何かを守る為に防人になったエミルと違い、自分の力を試したいという思いで防人になった。
語尾に「~ッス」と言うのが口癖で、騎士道があるエミルとは対称的。力があるものが全てだと考えている。
エミル曰く「部下と見るんだったら難しい奴だけど、いざとなったら頼れる仲間」とのこと。
人の言う事を聞かずに、突っ走る性格なので、周りからの評価は低いが、ピンチになると率先してメンバーの為に奮闘してくれる。
最近はエミルに「ラムダばかりに現を抜かしてると、いつか足元すくわれるッスよ」といじる事が多い。
[PR]
by gozennomaccya | 2008-01-27 04:42 | 擬人化 設定
ラティオス♂ 擬人化


f0061192_1112683.jpg

・名前 リンク
・性格 「うっかりや」
・年齢 12
・身長 150台前半
・一人称「僕」 二人称「君」
・職業「魔剣士」 (マジックフェンサー・ライセンス)
・武器 太刀「夢幻・真打」

ホウエン→シンオウ→ジョウトと移動してきたメンバーの一人、元々はホウエン住まい。
ホウエンの南にある孤島でカイオーガのハマちゃんに実力を見出されて面子入りを果たした。
元リーダーだったのだが、やる気はなく今はほとんどエミルのお世話になっている。
同じトラブルメーカーのティーダとナタは長く付き合っている友人で、よくトリオでつるんでる事が多い。
エミルとは同じ職業であるが、実力はリンクの方が上。その事実を良い事にエミルやHGメンバーにちょっかいを出すのがマイブーム。でもタブリスに追い帰される。

遠く離れた土地の由緒ある家系の跡継ぎだが、本人は規律ばかりの生活に嫌気がさし、決められた将来よりも自分の生き方は自分で見つけたいと思っており、出来る事なら双子の妹のラティアス、アリルに次期護神の権利を譲りたいと考えている。しかし、二人が会う機会がほとんど無いのでちゃんと自身の思いを話せない。

生活面は何を考えているのかよく分からない点も多いが、戦闘では高い戦闘力を持つ。
バトルフロンティアで体を動かすのが好きらしく、タワーで50連勝という記録を作った事も。
自分を越そうと鍛錬を積む努力家なアリルとは対称的で、戦闘に関しては若干才能があるようで、よくアリル以上の成績を残す事が多い。

首からぶら下げてるのは一族に伝わる宝玉「心の雫」


持っている「心の雫」の力を解放すると
f0061192_2542198.jpg

成長した姿に変身する。見た目だけじゃなく、身体能力も大幅に上昇する。

仁助さん宅のボーマンダ♂「コンボイ」さんとはホウエン地方で敵対していたが、和解して以来共にバトルタワーに挑んだりと良き戦友であり、互いに切磋琢磨し合う良きライバル。
同じく仁助さん宅のラティオス♂「ゼロ」さん、ラティアス♀「レウコ」さんご兄妹とも同種族である為か、とても仲が良い様子。ゼロさんの自由奔放な生き方に感化され、最近では一人旅に出ようと思っていたり・・・・。レウコさんにはある特別な感情を持っている。












ウインディ♂ 擬人化

f0061192_255215.jpg

・名前 ティーダ
・性格 「すなお」
・年齢 18
・身長 170台前半
・一人称「オレ」 二人称「あんた」
職業「槍士」 (ランス ライセンス)
武器 槍 「炎虎・弐式」

ホウエン地方出身、幼い頃に父親ウインディ「カグツチ」に連れられて大陸で半生を過ごす。
ボーマンダ「ナタ」とは大陸で出会ったライバル。当時はコモルー時代だったナタを一方的にからかっていた為、後々ボーマンダに進化し、爆発的に強くなったナタに追われるハメになる。
生まれながら原型ウインディに変化できる能力を持ち、一昼夜で数千キロの距離を疾走できる。戦闘時も原型で戦う事が多く、俊足を活かした攻撃が得意。

何を考えているのか分からないリンクの親友で、同じくトラブルメーカー。
最近では従兄弟に対抗して原型に変身したティーダにリンクが騎乗して戦うというスタイルをとっている。

かなりの大家族で妹ウインディ♀の「ユウナ」や、従兄弟に仁助さん宅の双子ウインディ♂「ヤマト」さん、「タケル」さんがいます。たまに従兄弟の修行を邪魔しに行くのが楽しみなんだとか。

ホウエン在住時代からキュウコン♂「スサノオ」の娘、キュウコン♀「イェン」と仲が悪い。同じ炎系の技を持つ者同士と勝手に因縁をつけられて、いい加減頭にきている。イェンのご自慢の炎妖術は完全無効化されるので、何もしなくても更にイェンを逆撫でしている様子。
ここ数ヶ月前からイェンともう一人、白銀のキュウコンが加わったのでうんざりしている。




ボーマンダ♂擬人化

f0061192_343039.jpg


・名前 ナタ
・年齢 17(見た目)
・性格 「まじめ」
・身長 160台前半
・一人称 「俺」
・二人称 「お前」

・武器 両刃刀
     羽衣 「震天綾」
     腕輪 「乾投圏」

・職業 「竜仙人」(ドラゴンハーミット)

見た目は普通の大陸の人間。しかし、数年前にとある海を守護していたキングドラを殺めてしまい、他の竜族からの怒りを受けて体の半分を失い死亡する。その後、ある仙人が術で体の半分を竜族の遺伝子を使って蘇らせ、もう一度命を与えた。竜の遺伝子のお陰で自在に空を飛べるようになり、攻撃力も大幅に上がったという。ティーダが付けた二つ名は「ギラティナもどき」

生まれ変わる以前にウインディ♂ティーダと付き合いがあったらしく、生まれ変わった後も手に入れた飛行能力で昼夜問わず追っかけまわしていた。今では良くリンクやティーダといる事が多い。

戦闘面では竜の力を持っているので、非常に高い能力がある。武器が3つもあるので、羽衣を叩きつけて地震を起こしたり、腕輪を投げたりと、様々な攻撃ができる。リンクが付けた二つ名は「歩く凶器」
本人も滅多に使わないのが、竜の力を暴走させて放つ逆鱗。
逆鱗を使う時は体のほとんどが原型のボーマンダになってるという。


モデルは中国の神話に出てくる同名の仙人から。生い立ちとかはそのままです。
武器の名前はちょっと元のをもじったもの。
[PR]
by gozennomaccya | 2008-01-01 01:40 | 擬人化 設定
ラプラス♂擬人化

f0061192_2422052.jpg


・名前 トリトン 
・性格 「おだやか」
・年齢 15
・身長 160台前半
・一人称 「ボク」 二人称 「貴方」
・職業 「海神」 (ネプチューン)
・武器 三叉戟、法螺貝

海の大神の息子で、波を自在に操る能力を持つ。
育ちも良い方で礼儀正しい。普段は波間に浮かんで過ごしている事が多い。
周辺関係もこりゃまた凄く、カイオーガ「ハマちゃん」やルギア「ナユタ」とは幼い頃から世話になっているのだとか。最近ではハマちゃんの影響で、彼の指導の下コンテストを制覇しようと奮闘中。

ずっと海で生きていたので、陸の事に関しては全くの無知。
それを良いことにリンクやティーダに変な知識を入れられる。
面子入りしたばかりの頃は自分自身が神の息子であるせいか、生い立ちを気にしていたが、魔女の身であるゼルダの話を聞き、早く他のメンツと打ち解けるように日々頑張っている。
何気に右近と仲が良く、稽古をつけてもらっている。

戦闘時は持っている三叉戟で津波を起こさせるだけでなく、法螺貝の音色で相手を催眠状態にさせたり、お互いに死の呪いをかける唄を吹く。

仁助さん宅のジュゴン♀「フィリスさん」とは友人関係です。
生まれや身分で悩むフィリスさんをどうしても明るく元気にさせてあげたいらしい。

仁助さん宅の★ラプラス♂「イータ」さんと友人
海の神繋がりで知り合った方。いつまでもイータさんを頼りにするのではなく、
いつか頼られる存在になるように頑張っている。一人の戦士として見られているのが嬉しいらしい。



サーナイト♀擬人化

f0061192_1141996.jpg


・名前 ゼルダ
・性格 「むじゃき」
・年齢 23
・身長 160台前半
・一人称「私」 二人称「貴方」
・職業 「魔女」 (ウィッチ)
・武器 魔導

過去に迫害された魔女の力を持つ一族の末裔。
今まで自分自身の居場所は無いと思っていたが、魔女の力を持っていると知っててメンバー入りを誘ったリンクに出会い、プラチナ面子入りを果たした。最初は他の面子と距離を置いていたが、現在では皆の頼れるメンバーの司令塔として慕われている。
性格は気丈で、自分を信じてくれた人の前では決して弱みを見せないと心に決めている。
面子入りしてから日が浅いトリトンと気が合い、よく二人でいる事が多い。
ボケの人数が多い面子の中で貴重なツッコミ係としての役割をする等、ノリも良い。

そして暴走した右近を真っ先に止めるのこの人。
彼を鎮圧させるのに手段は選ばない。

得意の魔法はリンクと同じく波動系の魔術。彼女曰く威力はリンクの方が上らしい。
その他には物理攻撃を半減させるバリアを張ったりと、サポート面でも力を発揮する。



ガブリアス♂擬人化

f0061192_3134777.jpg


・名前 右近
・性格 「いじっぱり」
・年齢 18
・身長 160台後半
・一人称 「オレ」 二人称 「てめぇ」
・職業 竜狂戦士 (ドラグーン・バーサーカーライセンス)
・武器 大剣 「頬白鮫」

物理攻撃のエキスパートで、面子一の暴れん坊。
同じ竜人であるリンクに一方的なライバル心を抱いている。一度死んで竜の力を付けたナタは若干目の敵にしている節があるが、彼の実力は認めておりダブルバトルで彼と組む事も多い。
好戦的で凶暴だが、正々堂々とした戦いを好み、全力の相手を倒す事を美学としている。
その為、弱った相手を回復させてバトルに挑む等の拘りがある。

戦神「アレス」の生まれ変わりで、性格やバトルの趣向もほとんどアレスと一緒。

過去に湖畔のレストランの壁をぶっ壊した事で有名。今だに入店禁止らしい。
得意技は地震、そして竜の力のリミッターを解除して放たれる逆鱗。味方にも被害が出るが、そんな事は全く気にしてない。
武器の大剣は刃こぼれすると、サメの歯のように装着してある刃がせり上がってくるので、手入れ不要。

仁助さん宅のラムパルド♂「ラファーガ」さんとは共にレストランの壁を破壊した仲。
現在でも二人で何かを破壊しに行っている・・・のだとか。
[PR]
by gozennomaccya | 2002-03-19 03:40 | 擬人化 設定

裏プラチナ面子 その1

レントラー♂擬人化

f0061192_3534363.jpg


・名前 ギン
・性格 「やんちゃ」
・年齢 20
・身長 170台前半
・一人称 「俺」 二人称 「お前」
・職業 「雷騎士」(サンダーナイトライセンス)
・武器 大剣

数ヶ月前にシンオウ地方の覇者となった英雄の一人。
英雄達のリーダーであるゴウカザル♂「比叡」が一番最初に出会った仲間であり、良きライバル。
現在は比叡と別れ、過去の因縁と決着を付けるためにある人物を追っている。
性格は物静かだけれども、戦闘では別人のように激しい戦いをする。
ガブリアス♀「セツ」は色々な意味で苦手な相手らしい。何度か地震の誤爆の巻き添えを喰らった事もあり、彼女とダブルバトルをする事を拒否るのはもちろん、彼女自身が戦ってる時、彼女の半径10メートル以内にすら入らない。
持っている大剣は内部にワイヤーが仕込まれており、伸縮自在。さらにワイヤー部分にも電流が流れてるので、迂闊に触ると危険。ワイヤー内部の電流を強くし、一気に放電させる技が得意。





ガブリアス♀擬人化

f0061192_4123813.jpg


・名前 セツ
・性格 「しんちょう」
・年齢 20
・身長 160台後半
・一人称 「私」 二人称 「きみ」
・職業 「忍者」 (シノビライセンス)
・武器 鉄爪

ギンと同じく、シンオウの覇者となった英雄の一人。
メンバーの紅一点でニギヤカ担当。迷いの洞窟で本気で迷ってたフカマル時代に比叡と出会い、面子入りを果たした。
自分自身では気を付けてるつもりでも、他からみたら重度のおっちょこちょい。額の傷は本人曰く「見たことも無い強敵と戦って付けられた傷」らしいが、本当はハングライダーの着地ミスで地面に顔面衝突した際に付いたもの。戦闘では強力な物理攻撃で敵をなぎ倒す。たまにドラゴンダイブや地震が仲間に誤爆する事も。
彼女自身も幼い頃の忘れられない出来事に立ち向かうために、ギンと同じ目的で行動している。
語尾を延ばすのがクセ。

仁助さん宅のガブリアス♂「デュトロさん」とは夫婦関係です。愛のドラゴンダイブを旦那さんにダイナミックにかます姿があちこちで目撃されたらしい。




色違いウインディ♂擬人化

f0061192_4331778.jpg


・名前 リョショウ 「呂菖」
・性格 「れいせい」
・年齢 18(見た目)
・身長 160台後半
・一人称 「私」 二人称 「貴様」
・職業 「仙人」 (ハーミット)
・武器 無し

キュウコン♂「スサノオ」の弟子。武器は持たないが、卓越した武術と妖術を使って戦う。
見た目は若いが、すでに何百年も生きているのだとか。
若干自信家で人を小馬鹿にしたような言い方をよくする。冗談が好きで軽いノリで言ってしまうので、人付き合いは良いとは言えない。頭脳も明晰でかなりズル賢い。メンバーの策謀家なポジション。
下らない悪戯にも興味があり、全く対称的な性格のウインディ♂「ティーダ」と異様にウマがあう。

元々は違う面子の一人だったけども、ギンとセツが探してる人物と、スサノオが警戒している人物が共に行動していると聞き、スサノオの命でこの面子に入る事に。ここの居心地は彼にとって最高らしい。
[PR]
by gozennomaccya | 2002-02-27 03:52 | 擬人化 設定

空の探検隊メンバー

ルカリオ♂擬人化

f0061192_1304017.jpg


名前 ユーリ
年齢 18
身長 160台後半
一人称 俺
二人称 お前
武器 波導

元エージェント。昔の記憶を無くしており、キュウコン♀「ダッキ」と賞金稼ぎをして生計を立てている。生物や物質が発する見えない波導をキャッチしてそのエネルギーを使った技と、東の大陸に伝わる格闘技を組み合わせた接近戦が得意。

性格は基本的にルーズ。任務の事と興味のあるもの以外だと非常に適当。毒全般に耐性があるのか、皆が捨てようとするベトベタフードを平気で食す。どこからか毒針が飛んできても気にしない。

パッチールが営業する喫茶店で色んなグミを混ぜて作った飲み物を仲間に飲ませて反応を見るのがマイブーム。
任務時は妖術使いのダッキが相手を足止めし、ユーリが一気に畳み掛けるという戦法をよくする。コンビネーションは絶妙だとか。なんだかんだで付き合いが一番長いダッキを信頼している。

・デザインモチーフは得になし。名前はロシアの男性の人名から、響きがカッコ良いので。中身はどことなくスパイクがモデル






キュウコン♀擬人化

f0061192_295549.jpg


名前 ダッキ 
年齢 18
身長 150台後半
一人称 ワタシ
二人称 キミ
武器 妖術

ユーリと出会ってから人生が一変したという妖術士の少女。
昔は後一歩が踏み出せず、諦めてきた事が多かったが、今ではどんな事も恐れずに立ち向かう。
妖術に秀でた九尾一族の中でも潜在能力は高く、相手に幻覚を見せたり、一時的に肉体を麻痺させる術を使いこなす。会得が難しいと言われる神通力までも覚えており、賞金首の間では捕まりたくない奴の上位に食い込んでるのだとか。
変装して賞金首のアジトに行く等、単独でスパイ活動をする事も多い。

趣味は遺跡探索。遺跡を前にすると人格が変化する。永遠とその遺跡について語らされるので、他のメンツは人格が変わる寸前に阻止しようとする。
神話についても興味があり、色々な伝説のポケモンを捕まえては尋問する。

自分自身を変えたユーリを誰よりも尊敬しており、今度は自分の力が彼の助けになるように頑張っている。

・モデルは中国の九尾の狐。服装もチャイナっぽく。




ラプラス♂擬人化

f0061192_2354087.jpg


名前 トリトン
年齢 19
身長 170台前半
一人称 ボク
二人称 貴方
武器 三叉戟

メンバーの参謀的存在。危なっかしいメンバーを何よりも気にかけている。
お金を目ざとく確認したり、カクレオン商店のダンジョン内の支店では店長相手に値切りの交渉をしたりと若干お金にはうるさい。難易度の高い任務をする事が好きらしく(報酬が良いから)メンバーに危険だと言われても単独で行く。頭だけじゃなく、腕っ節もなかなかのもので、三叉戟を自在に操り、見た目以上に荒々しい戦いをする。
細かい所にうるさい所もあるが、それもメンバーを思っての事。「常に準備は万全に」がモットー。
どう頑張ってもルンパッパ率いるサンバ隊に潰される。いい加減に頭に来ているのだとか。

料理が趣味らしいが、必ず彼が作る料理には何かが足りない。自信作は「豚肉がない酢豚」
ダンジョンに行かない時はマナフィの教育係として武芸や、学問を教えている。

・モデルはプラチナのラプラス擬人化。髪型は原作の「海のトリトン」




ラティオス擬人化

f0061192_333043.jpg


名前 リンク
年齢 15
身長 160台前半
一人称 オレ
二人称 君
武器 太刀

最後に加入したメンバー。空の裂け目で迷子になってたのを助けられてそのまま勝手にメンバー入り。

お調子者でムードメーカー。リンゴやグミを買いまくるせいか、資金がものすごい勢いで減る。そしてトリトンになんやかんやと言われる。よくトリトンと言い争っているので、実は仲が良いのでは?と言われているが本人は否定している。トリトンにサンバ隊を仕掛けてるのは全てコイツの仕業。潰されてる姿を見てはニヤニヤ。

エスパー技のエキスパートで、時として隕石をも降らせる事ができる。
武器の太刀は広範囲に攻撃できるという異国の妖刀の刃が使われている。

・モデルはプラチナのラティオス擬人化。子供でも大人でもない間をイメージ。
服装は初期のデザインから。
[PR]
by gozennomaccya | 2002-02-22 01:27 | 擬人化 設定

HG リーフィア♂ 擬人化

f0061192_251937.jpg


名前 エル
年齢 14
身長 160台後半
性格 いじっぱり
一人称 おれ
二人称 君
職業 剣士 (フェンサーライセンス)
武器 片手剣

名門のイーブイ一族の6つ子の一人。魔術系が得意な一族だが、
本人は剣術の道を歩みたいと単身各地を転々と旅をしている。

性格は勝気で少々自信過剰な所があり、強そうなのを見つけては戦いたがる。
旅先でエミルに出会い、彼の魔術と剣術を組み合わせた攻撃に敗れてからは、エミルを勝手に「師匠」と呼んで付いてくるようになった。
イタズラ好きでクレイトスとつるんで何か企んでいる事が多い。そしてどうもタブリスは苦手なタイプらしい。
生い立ちや状況の問題もあり、アリルとは付き合いづらいのが困り事。
ラギアとは同じような性格なのか、よく二人で特訓している姿が見られる。



HG オーダイル♂ 擬人化

f0061192_2244164.jpg


名前 ラギア
年齢 17
身長 170台前半
性格 なまいき
一人称 俺
二人称 あんた
職業 槍使い (ランサーライセンス)
武器 槍

エミルの後輩で同じワカバタウン出身の防人。エミルの部隊の副隊長で幼い頃からの付き合いらしい。
何かを守る為に防人になったエミルと違い、自分の力を試したいという思いで防人になった。
語尾に「~ッス」と言うのが口癖で、騎士道があるエミルとは対称的。力があるものが全てだと考えている。
エミル曰く「部下と見るんだったら難しい奴だけど、いざとなったら頼れる仲間」とのこと。
人の言う事を聞かずに、突っ走る性格なので、周りからの評価は低いが、ピンチになると率先してメンバーの為に奮闘してくれる。
最近はエミルに「ラムダばかりに現を抜かしてると、いつか足元すくわれるッスよ」といじる事が多い。





プラチナ ボーマンダ♂ナタ デザイン変更版。
f0061192_2493575.jpg


元ネタっぽく新しくしたもの。
足の滑車と後ろの帯で空飛べます。
武器も槍からダブルセイバーに。
[PR]
by gozennomaccya | 2002-02-01 02:54 | 擬人化 設定